任意整理と過払い請求はどう違う?

Posted on

任意整理をすると、過払い金がある場合には必ず過払い請求をして、借金から引きなおし計算がされます。そのため、任意整理と過払い請求はセットとして考えられることが多いですが、実は両者は異なる手続きです。

過払い金とは、利息制限法の定めを超えた金利で借金を返済していたときに発生する、払いすぎた利息のことです。この場合、金融機関が法律違反をしていたことになるので、債務者に非はありません。そのため、当然に払いすぎたお金は返還してもらうことができると考えられています。裁判をすれば、100%の過払い金だけでなく、弁護士費用なども上乗せできることがあります。ブラックリストにのってしまうといったデメリットもありません。

任意整理とは、借金の返済が困難になったときに、交渉をして借金を減額してもらう手続きのことです。本来結んでいた契約は、契約違反として解除されてしまいます。そして、新しい和解契約を結びなおします。重大な契約違反となるので、金融機関からの信用は失い、ブラックリストにのってしまいます。そのかわりに、利息と遅延損害金は免除してもらい、残った借金も無理のない分割払いにしてもらえます。

このように、任意整理と過払い請求は、どちらに非があるかという点で、大きな違いがあります。前者は債務者に非があるので、ブラックリストにのってしまいますが、後者は債務者に非がないので、デメリットは特にありません。弁護士は勝手に任意整理をしてしまうことはありませんので、まずは相談をしてみましょう。

消費者金融は総量規制の対象になる?

Posted on

消費者金融のは総量規制の対象になります。総量規制とは何かというと、お金をあまりに多く借りすぎて結局返せなくなってしまうことを防ぐ目的で設けられた規制で、一人の人が借りられるお金の総額を、その人の年収の1/3までに制限するというものです。
これはどこか一社の消費者金融からの借り入れだけが該当するわけではありません。総量規制の目的から考えて、その人が借りているすべての消費者金融が対象になります。その人が借りている金額の合計は信用情報機関で把握されているので、ごまかしは一切ききません。
一方で、ではその人の年収はどのようにして把握するのでしょうか。消費者金融によっては、収入証明書の提出を求めることもありますが、求められないことも多いでしょう。そうなると、申込書に記入した内容だけということになります。年収を多少水増ししても分からないのではないでしょうか。そのように考える人もいるかもしれません。しかし、そのようなことはしないのが無難です。金融会社はいわばその道のプロです。勤務先の会社名、年齢、勤続年数、役職などからだいたいの年収など容易に類推されると思って然るべきです。それは確かに1割程度の水増しであれば分からないかもしれませんが、それでは実際の限度額に与える影響もほぼないでしょう。かといって倍額などにしては、その道のプロでなくても素人目にもおかしいと思われ、審査に明らかに影響すると思って間違いありません。